ハイカラに、九十二歳-写真家中山岩太と生きて

中山正子 - 著者

河出書房新社 - 出版

発行年 - 1987年 9月 15日

木村伊兵衛や野島康三らと雑誌光画を設立した写真家中山岩太婦人による回顧録。タイトルが佐藤愛子作品みたいですが夫岩太とのエピソードを中心に、自身の生い立ちから渡仏渡米時代の生活・交友録などを綴ったもの、木村荘八、藤田嗣治、藤原義江、マン・レイなどの名も。

サイズ(ヨコ mm)128
仕様ハードカバー カバー 262ページ
状態小焼けほか問題ございません
商品ID171006007

価格 1804円(税込)

  • 送料無料 (本品のサイズ・重量に併せ「最安方法」の送料が価格にふくまれております)
  • 宅急便ご希望の場合+500円から (総額5400円以上で「宅急便」送料が無料となります)
ハイカラに、九十二歳-写真家中山岩太と生きて

ハイカラに、九十二歳-写真家中山岩太と生きて」と同じ分野の古書