広場の造形

カミッロ・ジッテ - 著者

大石敏雄 - 訳

美術出版社 - 出版

発行年 - 1976年 9月 10日 4版

ヨーロッパの都市計画とりわけ広場について、過去の都市計画史を参照しながら豊富な図版とともに紹介、美学論と併せて実務家への参考資料とを意図する。

サイズA5
仕様ハードカバー カバー 195頁
状態表記カバー小擦れ縁小ヨレ有,小口小焼け有,ページ良好です
商品ID140323010

在庫切れ

「広場の造形」 買取

広場の造形

Contents:

  • まえがき
  • 序説
  • 第1章 建物とモニュメントと広場の関係
  • 第2章 広場の中央を自由にしてくこと
  • 第3章 閉された空間としての広場
  • 第4章 広場の大きさと形
  • 第5章 古い広場の不規則な形
  • 第6章 広場群
  • 第7章 北ヨーロッパ諸国の広場構成
  • 第8章 現代の都市計画におけるモチーフの貧困と無味乾燥
  • 第9章 現代の方式
  • 第10章 現代の都市計画における芸術の限界
  • 第11章 現代の方式の改良
  • 第12章 藝術的基準に従った都市計画の例
  • 結論
  • 図版索引
-本書より-

広場の造形」と同じ分野の古書