住宅建築 第400号 2008年8月号 村野藤吾は語りかける

建築資料研究社 - 出版

発行年 - 2008年 8月 1日

サイズ(ヨコ mm)210
状態表記小焼け,ページ問題ございません
商品ID170314007

価格 1320円(税込)

  • 送料:全国一律400円 (レターパック・ゆうメール等)
  • 宅急便:別途700円から (総額5500円以上で「宅急便」送料が無料となります)
住宅建築 第400号 2008年8月号 村野藤吾は語りかける

Contents:

村野藤吾は語りかける 第1特集

箱根プリンスホテル - 村野・森建築事務所 解説: 石田潤一郎

村野藤吾とは、どういう建築家だったのか - 長谷川堯 x 中谷礼二 x 平良敬一 鼎談

装飾を巡って - 橋本文隆

村野邸 - 村野藤吾 解説: 石田潤一郎

村野のデザインエレメントを因数分解する - 青木淳 / 遠藤秀平 / 木村博昭 / 藤森照信 / 宮本佳明 / 笠原一人(解題)


原広司-実像と虚像の重ね合せ(オーバーレイ) 伊豆・夢舞台 / 夢舞台アネックス - 原広司 + アトリエΦ 第2特集

平良論文『機能主義を超えるもの』と「地域」 - 原広司 400号記念誌上講演

欠如態としての住居-基本概念 - 原広司 x 藤本壮介 x 平良敬一 鼎談

House O - 藤本壮介建築設計事務所


竹原義二 透明な技術の地平~<透き>の構築による木軸架構三題 第3特集

木の架構表現から空間の透明性へ - 竹原義二

  • あけぼの学園 南楓亭 - 竹原義二 / 無有建築工房
  • 永山園の家 - 竹原義二 / 無有建築工房
  • 諏訪森町中の家 - 竹原義二 / 無有建築工房

透明な技術が拓く可能性 - 花田佳明 x 下山聡 x 竹原義二 鼎談


『住宅建築』通巻[400]号の軌跡 400号記念特別記事

寄稿: 伊藤ていじ、林昌二、太田邦夫、布野修司

不易流行の編集哲学 - 内藤廣 x 平良敬一 対談

『住宅建築』の基底となった記事を振り返る
棟梁・田中文男と、現代計画研究所の民家型構法覚え書き - 増山敏夫
桂離宮から古典数寄屋研究へ - 岡本茂男
日本の集落 - 写真・畑亮 文・蓑原敬
誌上に登場する地域の建築家たち - 植久哲男
21世紀の建築に希望を托す - 大谷弘明、槻矯修、堀部安嗣、中谷礼仁、ヨコミゾマコト
『住宅建築』主要記事総覧
-本書より-

住宅建築 第400号 2008年8月号 村野藤吾は語りかける」と同じ分野の古書