The Bauhaus: A Japanese Perspective and A profile of Hans and Florence Schutt Knoll

井筒明夫 - 著者

鹿島出版会 - 出版

発行年 - 1993年 7月 15日 2版

Knoll Internatonal Japan 代表による著。日本を視点にしたバウハウスについての前2章の後、ノール社創設者のノール夫妻について、バウハウスとの関係と共に紹介。

サイズ(ヨコ mm)275
仕様ハードカバー カバー 147ページ
状態カバーに擦れ,小口焼け有
商品ID180110007

価格 7560円(税込)

  • 宅急便送料:無料
  • The Bauhaus: A Japanese Perspective and A profile of Hans and Florence Schutt Knoll
  • The Bauhaus: A Japanese Perspective and A profile of Hans and Florence Schutt Knoll1
  • The Bauhaus: A Japanese Perspective and A profile of Hans and Florence Schutt Knoll2
  • The Bauhaus: A Japanese Perspective and A profile of Hans and Florence Schutt Knoll3
  • The Bauhaus: A Japanese Perspective and A profile of Hans and Florence Schutt Knoll4
The Bauhaus: A Japanese Perspective and A profile of Hans and Florence Schutt Knoll

Contents:

  • 序文
  • 第1部 日本人の見たバウハウス
    • バウハウス-その誕生とワルター・グロプス
    • ワーマールバウハウス-初めて訪れた日本人、仲田定之助と石本喜久治
    • デッソウバウハウス-日本人学生、水谷武彦と山脇巌、道子
  • 第2部 バウハウスと日本
    • 日本のバウハウス-銀座・新建築工芸学院
    • 日本におけるバウハウス鋼管家具の製造
    • 新興独逸建築工芸展覧会
    • 「グロピウスとバウハウス」展
  • 第3部 ハンスとフローレンス・シュー・ノール
    • バウハウスとハンス・ノール
    • クランスブルックとフローレンス・シュー・ノール
    • ミース、ブロヤーとサーリネン
    • インテリア総合企画活動としてのプランニングユニット
    • 新しいデザインと商品開発
    • バウハウスアプローチのショールーム
    • ノールと文化活動
  • あとがき
-本書より-

The Bauhaus: A Japanese Perspective and A profile of Hans and Florence Schutt Knoll」と同じ分野の古書