現代家具の歴史

カール・マング - 著者

安藤正雄 - 訳

A.D.A. Edita Tokyo - 出版

発行年 - 1979年 4月 5日

19世紀からの家具の歴史を豊富な図版を挿入しながらまとめる。

サイズ(ヨコ mm)215
仕様ハードカバー カバー 175ページ
状態表記小口とカバーに焼け,カバー縁に小キズ,ページ問題ございません
商品ID180302019

在庫切れ

「現代家具の歴史」 など建築古書買取承ります

現代家具の歴史

Contents:

まえがき

時代の表現としての家具

19世紀の無名の家具-機械美学の先駆者たち

  • 鉄製の家具
  • 家具の機械化
  • キャヴァリの「カンパニーノ」-伝統的な形態の洗練
  • 作者不詳の籠細工の椅子
  • ミヒャエル・トーネットと曲木の椅子
  • シェーカーの椅子:実は用に宿る

ウィリアム・モリスの理論と産業界の挑戦

  • アール・ヌーヴォー-歴史主義の克服
  • アール・ヌーヴォー以後-ガウディ、ライド、ワグナー、ロース
  • アーツ・アンド・クラフツから工作連盟へ-コミュニティの理念
  • 大戦の狭間とウィーン派

デ・スティールからインターナショナル・スタイルまで

  • デ・スティールの家具-理論の具体化
  • バウハウス-芸術、クラフツマンシップ、産業の総合
  • インターナショナル・スタイルの家具-ミース・ファン・デル・ローエとル・コルビュジエ
  • 第一次世界大戦後のハウジング・プロジェクトと家具

スカンディナヴィアの家具-無名の家具から世界の銘品へ

  • スウェーデンにおける現代家具の発展
  • デンマークのチーク・スタイル
  • アルヴァ・アアルト-木の造形のファンタジー

第二次世界大戦後の家具デザイン

  • 新しいテクノロジー-アメリカ
  • インターナショナル・スタイルとその後
  • イタリアからの新風
  • プラスティック製の家具
  • 椅子とテーブルからドメスティック・ランドスケープへ
  • 未来の遺産としての教育

文献

索引

-本書より-

現代家具の歴史」と同じ分野の古書