建築構造の計画

松井源吾 - 著者

彰国社 - 出版

発行年 - 1980年 6月 10日 1版

「数式以前の構造のあり方」を解説。

サイズ(ヨコ mm)180
仕様カバー 107ページ
状態焼け,背表紙綴じに小イタミ有
商品ID181105009

価格 2160円(税込)

  • 送料:全国一律400円 (レターパック・ゆうメール等)
  • 宅急便:別途700円から (総額5400円以上で「宅急便」送料が無料となります)
建築構造の計画

Contents:

  1. 序論
    1. 形について
    2. 量について
    3. 質について
  2. 屋根
    1. 吊り屋根
    2. アーチ屋根
    3. レンズ形屋根
    4. ドーム屋根
    5. シェル屋根
    6. 格子梁屋根
    7. 折板屋根
    1. 床普通スラブ
    2. フラットスラブ
    3. 2向中空スラブ
    4. FEAL system の床と小梁
    5. 鉄板床
    6. プレキャストコンクリート板
    1. 梁の曲げ
    2. 曲げ応力
    3. 梁のせん断
    4. 梁のせん断応力
    1. 柱の強さ
    2. 柱の配置
  3. 架構
    1. 壁柱と壁梁
    2. 壁構造
  4. 耐震壁
    1. 耐震壁の剛性と強度
    2. 開口壁について
  5. 筋かい
  6. 基礎
    1. 直接基礎
    2. 抗基礎
    3. アースアンカー

付録 流線の曲線梁について

  1. 流線の曲線梁の理論
  2. 正多角形の曲線梁
  3. 楕円境界の曲線梁
  4. フラットスラブの曲線リブ
  5. 建物の隅の片持ち曲線梁
  6. 実例
  7. あとがき

-本書より-

建築構造の計画」と同じ分野の古書