港町・函館における色彩文化の研究 - 下見板のペンキ色彩の復元的考察を通して(町並み色彩学 1)

元町倶楽部・函館の色彩文化を考える会 - 出版

発行年 - 1991年 12月

函館に残る洋風木造建築の塗装ペンキをサンドペーパーでこすりその層構造を分析することで在りし日の函館の色彩風景を分析シミュレートする試み、民間報告書。時層色環と称しその時代を区分。

サイズ(ヨコ mm)180
仕様カバー 135ページ 187ページ
状態3
状態表記カバーに小汚れ,ページ良好です
商品ID191101010

価格 3300円(税込)

  • 送料:全国一律400円 (レターパック・ゆうメール等)
  • 宅急便:別途700円から (総額5500円以上で「宅急便」送料が無料となります)
港町・函館における色彩文化の研究 - 下見板のペンキ色彩の復元的考察を通して(町並み色彩学 1)

港町・函館における色彩文化の研究 - 下見板のペンキ色彩の復元的考察を通して(町並み色彩学 1)」と同じ分野の古書