L’Architecture consideree sous le rapport de l’art, des oeurs et de la legislation (芸術、習慣、立法との関係から考察された建築)

クロード・ニコラ・ルドゥ - 著者

アルフォンス・ウール - 編

UHL Verlag - 出版

発行年 - 1981年

こちらもルドゥの全5巻計画の第1巻(本品タイトル)にラメー所蔵を足した1804年ラメー版全2巻を原本。ラメー版は第1巻と重複ある図版を第2巻で省略、プリンストン版はその図版数に忠実に復刻対しこちらは第2巻に重複図版64点を加える。オリジナルテキストもそのまま復刻、2巻序文に出版者。ページサイズなら本品、印刷(ドローイングとしての見やすさ)は断然プリンストン版、図版数なら本品、原本忠実度は本品、となっております。2点おまとめ買いで決定版な逸品です。

サイズ(ヨコ mm)245
仕様2分冊 ハードカバー 日本語冊子3部(「図版用語(仏和対照表)」各巻+内容見本 本体仏語
状態3
状態表記両巻表紙背に焼け,小口に微焼け,第2巻表紙綴じに若干のイタミ有,ページ両巻良好です,冊子ヨレ有
商品ID200819005

価格 22000円(税込)

  • 宅急便送料:無料
  • L’Architecture consideree sous le rapport de l’art, des oeurs et de la legislation (芸術、習慣、立法との関係から考察された建築)
  • L’Architecture consideree sous le rapport de l’art, des oeurs et de la legislation (芸術、習慣、立法との関係から考察された建築)1
  • L’Architecture consideree sous le rapport de l’art, des oeurs et de la legislation (芸術、習慣、立法との関係から考察された建築)2
  • L’Architecture consideree sous le rapport de l’art, des oeurs et de la legislation (芸術、習慣、立法との関係から考察された建築)3
  • L’Architecture consideree sous le rapport de l’art, des oeurs et de la legislation (芸術、習慣、立法との関係から考察された建築)4
L’Architecture consideree sous le rapport de l’art, des oeurs et de la legislation (芸術、習慣、立法との関係から考察された建築)

L’Architecture consideree sous le rapport de l’art, des oeurs et de la legislation (芸術、習慣、立法との関係から考察された建築)」と同じ分野の古書