水曜日5限目: 安齊重男と多摩美学生による1970年代以降の現代美術についての対話

水曜日5限目: 安齊重男と多摩美学生による1970年代以降の現代美術についての対話

安斎重男 学生 - 著者

三宅一生 李禹煥 長澤英俊 - テキスト

多摩美術大学 - 発行

2009年 10月 - 版

安斎重男と現代美術、及び多摩美術大学の40年を振り返り収録したもの。

状態悪いです
サイズ(ヨコ mm)210
重量(g)600
ページ数79ページ
綴じソフトカバー
状態2
状態表記ページ隅焼け強め,イタミ汚れは無
商品ID210123012

3300円(税込)

今すぐに買う
(PayPalなら2CLICK)

Table of Contents

水曜日5限目: 安齊重男と多摩美学生による1970年代以降の現代美術についての対話

水曜日5限目 授業の始めに

1970年代 空間とものとの関係の模索

  • 70年 「人間と物質」展からはじまる/71年 李禹煥と「関係項」/72年 もの派と手の力/73年 斎藤義重の教え/74年 、ルイジアナの日本展現代日本美術の試行錯誤/75年 パリビエンナーレでのパフォーマンス/76年 東野芳明という人/77年 行為する人島州一と菅木志雄/78-79年 大ガラス再制作東京バージョン
  • 70年代または外部性の視座 - 李禹煥

1980年代 場をつくり、場を変えてゆく

  • 80年 菅木志雄のイベント/81年 写真の新しい可能性 山中信夫/82年 「もの」 としての展示安齋重男展/83年 2人で写真を撮ること<東野芳明>/84年 草間彌生の復活/85年 インスタレーションとは何か若手アーティストの台頭/86年 「日本的」なものの彼方へイサムノグチと若林奮/87年 都市空間の変容絶対 現場/88年 ヴェネチア・ビエンナーレの変貌/89年 東高現代美術館という「場所」
  • 1988年のムレとパリ - 三宅一生

1990年代 境界を超える

  • 90年 アートとデザイン三宅一生プリーツ・プリーズ展の実験/91年 アートとビジネス東京アートエキスポ/92年 フランスでのアーティスト・イン・レジデンス/93年 湯と倉庫SCAITHEBATHHOUSE/94年 予算ゼロから神奈川近代美術館の経験/95年 都市の中のパブリックアートファーレ立川/96年 空間の配置、現像の瞬間/97年 革新的な美術教育機関一Bゼミ/98年 アーティストたちの共同作業スタジオ食堂/99年 平面と立体の間に吉田克朗
  • 夢うつつの庭 - 長澤英俊
  • 2000年代 君たちが生きる”今”という時代

    • 00-01年 アートドキュメントの30年、美術館の30年/02年 ヨーロッパの東、宮崎進のシベリア/03年 美術の「現場」とは越後妻有アートトリエンナーレ/04年 人々が集うところ若林奮を偲ぶ会/05年 前本彰子がいた油画科/06年 大学の中の実験鏡永青年 美術館/07-08年 行為・ユーモア・作用未知のパフォーマンスへ/09年 「空気」を撮る長澤英俊と遠山記念館

    明日のアーティスト達へ

    本書で取り上げた多摩美術大学関係者

    年譜および主要個展カタログ

    本書より
    在庫あります

    「水曜日5限目: 安齊重男と多摩美学生による1970年代以降の現代美術についての対話」の関連書籍

    - 現代アート -

    セットで約1200円お得

    PICK UP

    本を探す
    このページはInternet Explorerでは正常に表示されません。お手数ですが最新のブラウザでご覧ください。