建築形態論 (建築選書) 相田武文

1650円
建築形態論 (建築選書)
書名表記建築形態論 (建築選書)
著者相田武文
出版社明現社
1975年 4月
商品ID220910004
本品の状態 5 4.5 4 3.5 3 2.5 2 1.5 1
状態表記函焼け,本体経年シミ有ページ良好
販売価格 1650円(税込)
+通常発送料一律400円(何冊でも)
+カード払手数料一律100円(何冊でも)
+(総額5500円以上で「宅急便」送料が無料となります)
オプション宅急便送料

今すぐに買う (PayPalなら2CLICK)

  • お受取予定日(東京都発):
    通常配送(ゆうパケット・レターパック)
    10月7日金曜日10月9日日曜日
    宅急便 
    10月7日金曜日 一部地域除く
    支払総額:
    2150円 (カード払手数料100円 送料400円 税 各込)
  • ご注文後当店から自動送信されるメールを保存して下さい。
  • We gladly offer worldwide shipping via EMS.
  • 複数ご注文、銀行振込、配送時間などの細かい条件指定はカートをご利用下さい。

AS本の一、相田武文の形態論。

サイズ150mm(ヨコ)
重量500g
構成函 カバー
ページ数179ページ
綴じハードカバー
Last modified: 2022/10/04

I部

  1. 建築を模索することが課題となっている
  2. 建築の形象を用途から解放すべきである
  3. 建築を個人の段階で語ることが遠い射照のなかでやがて社会性を語ることになるだろう
  4. 建築は本来、プロトタイプをつくることに拘泥すべきではなく、それぞれの形象に固有の表現をめざすべきものである
  5. 形象は平面と異なった座標に存在し、形象それ自身は固有の存在理由を持つ
  6. 建築をただ単に人間に対する操作や、集団に対する対応としてつくることは建築の形象を際限なく貧しくする
  7. 建築を用途によってそれらしくつくることから形態自身を解放する必要がある
  8. 現代建築はプランニング(平面計画)を偏重するあまり、建築の形象を消極的で受動的なものにしてしまった
  9. 建築家は自分自身の内面から形態をつくることを終局の目的にすべきである
  10. 建築はいうまでもなく表現である。そして建築家の心情の吐露したものでありたい
  11. われわれの遺産であり、原型である初源的な形象を復権させることが、ぼくにとって再び重要な課題となってきた
  12. 壁は何も語らない
  13. 窓は何も語らない
  14. 建築とは形態である。そして、建築家とは形態の裏側に封印された意識の表れをめざすものである
  15. 建築家にとって重要なことは、紙の上に一本の線を描く前段階でいかにつくるかを志向することである

II部

  1. 陣取りの概念
  2. <出会い>空間の建築
  3. 住まいは原点たりうるか
  4. ヨーロッパの空を見に行く
  5. 後衛としての建築
  6. プライマリーへの動き
  7. 蘇生の建築
  8. 無明の思惟
  9. 建築生態
  10. 仮面としての建築
  11. 建築が消えるとき
  12. 風景―それでも建築は語り続けられるのだろうか
本書より
このページはInternet Explorerでは正常に表示されません。お手数ですが最新のブラウザでご覧ください。

古本、探してます。

東京都及び近県の方。
3冊、買取可能な本があれば無料で駆けつけ買取りしています。
全国の方。
21冊、買取可能な本があれば無料で駆けつけ買取りしています。
海外の方。
300冊、買取可能な本があれば無料で飛んで買取りしています。
買取可能な本:
10000円(買取額)/1冊 または 30000円以上/3冊。
買取分野:
建築・写真集・挿画・イラスト・デザイン・装幀・印刷・稀少書・丁寧な造本の雑誌・最近刊書、など。

どうか当店に高額を払わせてください。

量に上限はございません。

郵送買取も対応させていただきます。買取可能本1冊以上で送料無料です。まずはお見積りさしあげます。

買取フォームへ

info@melkdo.jp

050-3336-1123